よってがっしょリフォーム|施工事例

case12 屋根リフォーム


case12 屋根リフォーム

スレート材(コロニアル)の屋根から断熱ガルバリウム鋼板の『ガルテクト』にリフォームしました。 施工後はスレート(コロニアル)の屋根と大きな違いはなさそうですが 耐久性・断熱性・雨音対策など、まったく性能が違います。

施工前風景

屋根リフォーム 施工前風景 屋根リフォーム 施工前風景
屋根リフォーム 施工前風景 屋根リフォーム 施工前風景

  • スレート材(コロニアル)の屋根です。
    棟板金のサビや固定材の劣化、屋根材表面が著しく劣化してしまったものやカビやコケだらけでボロボロになってしまったもの、 過去の屋根塗装でベッタリと塗られてしまい水はけが悪くなってしまった屋根などがあります。

施工中風景

屋根リフォーム 施工中風景 屋根リフォーム 施工中風景
屋根リフォーム 施工中風景 屋根リフォーム 施工中風景
屋根リフォーム 施工中風景 屋根リフォーム 施工中風景
屋根リフォーム 施工中風景 屋根リフォーム 施工中風景
屋根リフォーム 施工中風景  

  • 1.既存のスレート屋根は基本的に剥がしません。
    既存の防水をそのままにして、さらに上から重ねて防水をします。
    余計なゴミは出さないので環境にも優しく、コストダウンできます。
    ※既存の屋根が瓦の場合は処分
  • 2.下から上に向って順番にルーフィング防水を全体を覆うように敷きます。
  • 3.ヌキ板を打ち付けた後専用水切金物を取り付けます。壁・キワ・軒先などにも専用の金物を取り付けます。
  • 4.万がいち雨が吹き込んでしまうことも想定して金物が樋の役割を果たし、雨を排水するようになっています。
  • 5.壁際のおさまりを下から見たところです。このあと入隅に二重に雨が入らない処理を施します。(業者によっては、各箇所の雨仕舞をコーキングのみで済ませてしまうこともあります。)
  • 6.壁際のおさまりです。
    ※金物固定後、上部でシール防水をします。
  • 7.ガルバリウム鋼板の屋根材を施工していきます。弊社では、断熱ガルバリウム鋼板の『ガルテクト』を採用しています。表面の耐久性・断熱性・施工性などに優れています。
  • 8.棟板金用の下地を取付ます。
  • 9.棟を設置していきます。

施工後風景

屋根リフォーム 施工後風景 屋根リフォーム 施工後風景
屋根リフォーム 施工後風景 屋根リフォーム 施工後風景
屋根リフォーム 施工後風景 屋根リフォーム 施工後風景
屋根リフォーム 施工後風景 屋根リフォーム 施工後風景

  • こちらが完成後の写真です。
    パッと見た感じではスレート(コロニアル)の屋根と大きな違いはなさそうですが 耐久性・断熱性・雨音対策など、まったく性能が違います。

    使用材・・・アイジー工業の『ガルバ断熱ルーフ』
    http://www.igkogyo.co.jp/syohin/roof/roof_index.htm

↑施工事例[case12 屋根リフォーム]ページのトップへ戻る

増改築相談員
川崎市(宮前区・高津区)のリフォーム会社よってがっしょリフォームでは 増改築相談員が常駐しており、リフォーム、増築、改築のことなど、お客様の悩みに的確なアドバイスをさせて頂きます。

川崎市(宮前区・高津区)のリフォーム会社よってがっしょリフォームではどんなリフォームもご相談に応じます。専門の建築士が無料にてお見積もり致しますので、お気軽にお声をおかけ下さい。

お問い合わせはこちら

お見積もりはこちら

 

〒216-0003
神奈川県川崎市
宮前区有馬9-3-13

0120-672-717

reform@yotteke.com

ライン

TOTOリモデルクラブサイトへ遷移

はいからモダン物語サイトへ遷移

増改築相談員とは

クリナップのリフォーム水まわり工房

〒216-0003 神奈川県川崎市宮前区有馬9-3-13
E-mail:reform@yotteke.com