よってがっしょリフォーム|リフォームの基礎知識 -マンション-

和・洋問わず、デザイン的にも注目を集めている自然素材の持つ素材感を活かしたリフォーム

増築以外は何でもできる?

マンションリフォームイメージ

マンションのリフォームは一戸建ての場合と比べ、様々な制約があります。例えばマンションの住民全員が使う共有部分は、勝手にリフォームすることができません。

また床材を替えることは基本的に問題ありませんが、マンションによっては下の階への騒音の問題から床材が指定されていることがあります。

またマンションの場合、各階に給排水の配管が通っていますが、この配管の位置を動かすことができません。給水や給湯は比較的自由になるものの、排水管にはある程度の勾配が必要で、それによって水回りの位置変更を伴うリフォームが難しくなります。

注意するのはプランニングに関することだけではありません。マンションの場合は工事中の騒音やほこりなどの影響も大きいため、リフォームをおこなう際はあらかじめ近隣住民に了承を得ることが必須といえるでしょう。両隣だけでなく上下階の方にも挨拶をしておくようにしてください。

その他の注意点として、マンションによってはリフォームの際に事前に管理組合に届出が必要なことがありますので、しっかり確認しておきましょう。

占有部分と共有部分

マンションリフォームイメージ

マンションリフォームをおこなう際に必ず押さえておきたいのが、どの部分をリフォームすることができるのか、どの部分はリフォームしてはいけないのかということです。基本的には占有部分がリフォーム可能、共有部分はリフォーム不可となっています。

ではどこまでが占有部分でどこからが共有部分なのでしょうか。 原則として占有部分、つまりリフォーム可能なのは部屋の内側になります。外側は共有部分と考えてください。

例えば玄関ドアの内側は占有部分ですが、外側は共有部分。ですから玄関ドアの内側の色を塗り替えたり、カギを取り替えたりすることは可能ですが、外側の色を勝手に塗り替えることはできません。 またバルコニーも占有部分ですからリフォーム不可、窓サッシの取り替えも不可となります。

床については鉄筋コンクリートから上が占有部分となるので、張り替えても問題ありません。ただし前述したようにマンションによっては床材に制限があることがあります。

ラーメン構造と壁式構造

マンションリフォームイメージ

マンションの構造の代表的なものとしてラーメン構造と壁式構造があります。

ラーメン構造とは柱と梁が建物を支える構造、壁式構造は壁と床で建物を支える構造です。現在のマンションの多くはラーメン構造で作られており、この構造は壁式構造に比べリフォームをおこないやすい構造といえます。

壁式構造は壁を取り除くことが難しく、間取り変更に制限が生まれます。

スケルトンリフォーム

マンションリフォームイメージ

マンションリフォームで注目を集めているのが、スケルトンリフォームです。スケルトンリフォームとはマンション内部をいったん骨組み状態にして、丸ごと取り替えてしまうリフォーム方法のことです。一から作り直すわけですから当然大幅な間取り変更なども可能になります。

マンションの中に新築の一戸建てを作る感覚でリフォームできます。リフォームの自由度が高いというのがスケルトンリフォームの最大のメリットといえるでしょう。デメリットとしては工事中の仮住まいが必要になるという点が挙げられます。

最近はスケルトンリフォームが容易なスケルトンインフィルのマンションも登場しており、ますます注目度が高まっています。スケルトンインフィルとは建物の構造を構造体(スケルトン)とインフィル(内装・設備)に分けて設計することで、耐久性の高いマンションに仕上がります。スケルトンインフィルのマンションならば住人の状況に合わせて柔軟にリフォームできますから、骨組みはそのままに、中身を替えながら何世代にも渡って生活することが可能です。

リフォームを前提としてマンションを購入する場合などは非常にオススメです。

スケルトンリフォームのメリット

マンションリフォームイメージ

スケルトンリフォームのメリットは部屋を一新できるということだけではありません。付属的にいくつかのメリットが発生します。

例えば統一感のある部屋に仕上がる、ということが挙げられるでしょう。部分的なリフォームの場合、壁の色が微妙に異なるなど、リフォームした部分とリフォームしない部分がちぐはぐな印象になってしまうことが良くありますが、スケルトンリフォームならそんな心配はいりません。

また工事に伴って給排水管や電気配線を取り替えられるというのもメリットのひとつでしょう。給排水管や電気配線の老朽化はなかなか気付きにくいものです。スケルトンリフォームをすることによって、老朽化による水漏れや漏電のリスクを未然に回避できます。

↑リフォームの基礎知識[マンション]ページのトップへ戻る

増改築相談員
川崎市(宮前区・高津区)のリフォーム会社よってがっしょリフォームでは 増改築相談員が常駐しており、リフォーム、増築、改築のことなど、お客様の悩みに的確なアドバイスをさせて頂きます。

川崎市(宮前区・高津区)のリフォーム会社よってがっしょリフォームではどんなリフォームもご相談に応じます。専門の建築士が無料にてお見積もり致しますので、お気軽にお声をおかけ下さい。

お問い合わせはこちら

お見積もりはこちら

 

〒216-0003
神奈川県川崎市
宮前区有馬9-3-13

0120-672-717

reform@yotteke.com

ライン

TOTOリモデルクラブサイトへ遷移

はいからモダン物語サイトへ遷移

増改築相談員とは

クリナップのリフォーム水まわり工房

〒216-0003 神奈川県川崎市宮前区有馬9-3-13
E-mail:reform@yotteke.com